« 風が吹けば・・・ | トップページ | 楽山大仏 »

2007年9月 3日 (月)

日本語を忘れる?

最近よく日本語を度忘れしてしまうことがある

中国語圏で暮らしているためか、中国語では出てくるのでるが日本語でどう表現したらいいのかとっさに出てこないのである。
自分としては、単に中国語圏で暮らしている副作用ではないかと簡単に考えていた。

会社内で日本語を教えているのだが、表現だけではなく漢字も忘れてしまって、黒板に書けないこともある。

自慢する訳ではないが、私は本が好きで自称活字中毒である。たぶん普通の人以上の読書量を持っているのではないかと思う。
そのため、国語には妙な自信を持っているのである。
学生時代も国語、古文は得意科目であった。

考えるに、パソコンに頼るあまりあまり字を書かなくなったため、漢字が書けなくなってきたのではないかとも考える。

そんな時にあるニュースを見かけた。
『日本で日本語が通じない』と言うものである。

ある大学で性格検査を行ったのであるが、その設問の意味が分からない学生が増えてきているそうだ。
「『怠惰』って何ですか?」とか「『まごまごする』ってどんな状態ですか?』」と言うような質問が出るそうである。

また、就職を控えた女子学生が、『骨の折れる仕事』という表現に対し、『そんな骨折するような危険な仕事は出来ません』と答えるような場面もあるそうである。
笑い話ではありません。
本気でそんな学生が増えてきているそうである。
大学の英語の授業においても日本語訳が出来ない、もしくは辞書を引いてもその辞書の日本語が理解できない学生がいるらしいのである。
英語も分からん、日本語でも分からん・・・・。
一体お前は何人や!と言う感じである。
『Often』の日本語訳である『しばしば』や『頻繁に』の意味が分からんそうである。

さらに、学生のみならず若い社会人に中にも日本語がまともに使えない者が増殖中でもあるそうだ。
敬語がまともに使えないなどは勿論、奇妙な言い回しの日本語を多用するなどをして、社内や関係先に顰蹙を買っているのである。
仕事がらみなので、取引先を怒らせたり取引がパアになったりする状況もありえるのである。

帰国した際も、
『これでよろしかったでしょうか』
『食べれません』
というような日本語を使う人に出くわすとちょっとムカつきます。

日本語はとても豊かな言語で、中国で暮らしていても中国語で説明できないような日本語が多いことに気がつきます。
(まあ、単に私の中国語の語彙が不足しているという説もありますが。)

泣いたり笑ったりする状態でも、『すすり泣く』『むせび泣く』『忍び泣く』『うれし泣き』『うそ泣き』や『せせら笑い』『うすら笑い』『含み笑い』『馬鹿笑い』『照れ笑い』『あざ笑い』など、種種多様な表現がある。
残念ながら私では中国語で説明できかねる表現が多く、意味は分かるけど中文訳は困難です。

日本語がまともに使えない日本人になりつつあるこの頃ですが、日本人のIdentityだけは無くしたくないと痛感しております。

日本の若者たちには、読書をお勧めします。

質の高い日本語を堪能してみて下さい。
私のブログでは決してありえませんが・・・。

|

« 風が吹けば・・・ | トップページ | 楽山大仏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114590/41718612

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語を忘れる?:

« 風が吹けば・・・ | トップページ | 楽山大仏 »